遊ぶ

泥んこ遊び

教えられるより自ら心動かす経験を大切に

好きなことを好きな場所で自分なりの楽しみ方で遊ぶことは生きる力を育みます。
興味を持つこと、挑戦すること、自分で考えること、こうした力は今後社会で自律していくためには必要な力です。乳幼児期はその力を遊びで養います。楽しい経験はたくさんのことを吸収します。時に失敗して、うまくいかなくても、そこに友達や先生が寄り添うことで子どもは気持ちの立て直しを経験し、また前に進んでいきます。教えられるより自ら心動かす経験を大切にしたいと思います。

遊ぶ